病棟

自律神経失調は環境の変化で起こりやすい症状

いびきが止まったら要注意

にっこり笑う人

睡眠時無呼吸症候群の診断には、睡眠時の無呼吸状態や低酸素状態を調べるポータブルモニターを付けてデータを取ります。機械を貸出してもらい自宅で睡眠時のデータ収集が可能です。睡眠時無呼吸症候群の治療にはマウスピースや酸素を送る装置を睡眠時につけるなど様々な治療がありますので医師と相談しましょう。

もっと見る

予防と治療の基礎知識

女性

体重や食事に気を付けて健康管理をすることも重要ですが、城東区内の医療機関を活用して定期的に検査を受けることも大切です。検査機器の充実した内科クリニックは病気の早期発見に最適であり、訪問診療は通院が困難な高齢者にも便利です。

もっと見る

原因不明の症状です

女の人

掛かりやすい人がいます

自律神経失調症は特定の原因が見つからないのにさまざまな症状が現れます。自律神経が乱れやすい人には、ある特定のタイプがあるといわれています。日頃から生活習慣が不規則でしっかりと休息がとれていないと、原因不明の症状が慢性化することがあります。日中の日差しに触れない夜型や仕事で慢性的にストレスを抱えている人は、身体的不具合だけでなく精神的な負担も増加します。また、遺伝的にうたれ弱い人も注意が必要です。幼少期に保健室にこもりやすい虚弱体質の場合、ちょっとした変化にも敏感で、体調の変化に過敏に大げさに不良を訴えてしまうことがあります。細やかな性格の場合、自律神経失調症の程度に影響を与えているかもしれません。

環境の変化で発症します

自律神経失調症は、ちょっとした環境の変化でも陥りやすい症状といえます。職場環境が変わったり上司が異動することがあると、違う新たな人間関係を築くのに時間が掛かり精神的にもストレスを強く感じる事があります。また、女性は月経不順や閉経を迎える時期には更年期障害の一つとして自律神経失調症になる人がいます。更年期障害の場合、頭痛や腹痛、ほてりといった身体的症状よりも倦怠感や不安感などの精神的症状に悩まされる人が多くいます。進行してしまうとうつ症状を発症することもあり、軽度の内から心療内科へ相談しておくのも良いでしょう。自律神経の乱れは感情をコントロールしている神経伝達物質の動きを悪くさせる事もあり、カウンセリングと共に薬物療法によって改善させていきます。

治療の内容

2人の男性と1人の女性

平野区の病院では、症状によって、診療科を使い分けてみるといいでしょう。また、複数の診療科にかかる場合は、クリニックよりも総合病院を受診をすると時間を無駄にする事もありません。受診の際には、病院によっては紹介状がないと、受け入れが難しい事もあります。

もっと見る